koume@
猫の"こうめ"と洋裁・編み物のブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
Arielle
2010年08月09日 (月) 16:05 | 編集
月刊koume@ 8月号

かれこれ2ヶ月ほど前の6月になった日、ツイタチだし新しいことでも始めよう!
と思って始めてしまったArielle
やっと、やっと、やっと出来上がりました。

詳細はこちら

きんしょうさんの綿麻の藍染(濃い目)で編んだのですが、
編んでる最中から色落ちがすごい!
手を真っ青に染めながら編みました。
手が青く染まるのは Havenを編んだ rowan denim (Nashville) 以来です。
藍染系って、濃い色はこんなものですかね…一応、覚悟はしてたんですが。

ということで、インナーには当分白っぽいものが着られません。
そういうこともあり、今回の着画、いつもは着ないような色のインナーを着てます。

さて、振り返ってみると…
後身頃を編み終えたあたりで、「あれ?糸?足りる?」となってしまい、
その気持ちが強く表れたのか直後に編んだ前身頃のペプラムが微妙に小さいです。

 ハラノニクが収まらないよ…

そんなこと気付かずに編み進め、すべて編み終え、糸も足りたし、片方の袖を付けた頃、
袖の編み始めの数段を編み忘れた疑惑が浮上。

そういえば

「前半と後半、対称だと思って編んでたのに、対称じゃなかったなぁ~
でも、編み物ってそういうこと多いじゃない?」
と、自分なりに納得していたわけですが、

他の方も「あれ?変?」と思われたということは、やっぱりおかしいのかなぁ~。
でも、片袖付け終えたしぱっと見分からないしいいや(笑)ともう片方の袖も付けたのでした。

あーだがしかし、もう一度これを編む、もしくはこの系統の袖を編む場合は、
最初にパターンをよく見た上で、対称になるように編むと思います。
それほど不都合はなかったけれど、対称になってた方がすっきりするし、ね。

さて色落ちといえば、洗ったときにも結構な色が出まして…水が真っ青に。
IMG_1851 (2)

そして水に入れた瞬間「キュキュッ」と音がして(気のせい)縮んでいったので、私の顔も青く…。

ヤヤッ、これじゃ着られないぞ。

という訳で、出来るだけ横方向に引っ張るようにして乾燥。
乾いたのでボタンを付ける前に試着。
着られない事はないけれども、ややタイト。
着てるうちに伸びるかも!を期待して、ボタン付け。
1つ付けては着てみる、と繰り返してるうちに、洗う前の大きさになった!ような気がする。
袖も特に着ていて気になる点はない。
あ、前身頃のペプラムと身頃の境目がややキツイです。(前述のような訳で)
ということで完成!


そして余った糸でコースターでも編んでみようかと思い、
早速編んでみたのですが、2枚で挫折(飽きた・笑)
coaster.jpg

たくさん編まれてる方を心から尊敬します。

以下、新たに撮ったArielleの着画。
Arielle4.jpg



Arielle3.jpg

(淀川花火大会の日・淀川河川敷にて)
拍手する
Powered by まとめ . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。